医療関係の経営をするならコンサルティングに相談しよう

初期費用を安くできます

IT

ショップでモノを客に売る際は、何を何円で売ったのかを記録しておかないといけません。機械がなかった昔は、手書きで伝票を書いていましたし、計算もそろばんや電卓を用いて行っていました。しかし、今の時代はレジに値段を打つことが多いですし、さらにはバーコードを読み取ることで自動時に集計されるようになっています。また、何をいつ売ったかも記録してくれるレジも開発され、小売店での経理の仕事が格段に楽になっています。といっても多機能のレジは高額になっており、ショップを立ち上げる時に大きな負担になっているのも確かです。会計で並ぶ客が途切れないようなスーパーマーケットや人気店であれば、高機能のレジでなければ対応できませんが、レジ専用のスタッフがいなくても余裕をもって客に対応できるようなアパレル系のショップや個人店であれば、最低限の機能をもつもので十分です。なので、今はタブレットに専用のソフトを取り入れることでレジ機能を持たせることができるようになりました。手持ちのタブレットでいいので、一般的なレジよりも初期費用が格段に安く済ませることができます。また、タブレットなので場所を取らずに、カウンターもスッキリさせることができます。持ち運びもできるので、客がいちいち会計のためにカウンターに並ぶ必要もないので、使い方によってはサービスを向上させることもできます。クレジットカードの読み取り機につなぐことでクレジット払いにも対応可能です。もちろん、タブレットなので、一般的なレジのようにお金を保管しておく場所は別途用意しておかなければならないので注意が必要です。